有限会社やまなかはこんな会社です。

ホーム >> (有)やまなかはこんな会社です

48年間、いつもご支援いただきありがとうございます

創業時の人と時代

先代社長が福島県相馬市から上京しペンキ屋の職人の修行を終えて、独立してから48年が経ちました。 「社長」と呼ぶよりも、「親方!」「オヤジっ!」と呼ぶ方が似合っている人でしたので、それこそ、 北野武の『たけし君ハイ』の世界が繰り広げられることもありました。いま思い返すといろいろ無茶なことも ありましたが、「人が生きている」ということが実感できる時代を生きた人でした。
「オヤジ」の元に集まってくる職人さんにも、世の中にも熱気が感じられました。

創業時の人と時代 創業時の人と時代

現場から学べ、すべてから学べ

「どこか連れて行ってやろうか?」と言われてついて行くと、たいてい現場に連れて行かれたものでした。 現在は団地と公園になった光が丘が米軍施設のグランドハイツだったころ、現場の下見について行って 打ち合わせが終わるのを待っている間、太った黒人のおばさんにミルクを頂いたのを覚えています。
初めて出会う外人に、聞いたことも無い言葉でいろいろ話しかけられて、最初は大泣きでしたが ミルクはおしいかったです。ご馳走様でした。

そんなふうに、建売住宅新築の現場、駅のホームの鉄骨の塗替え現場、小学校の新築工事、社宅の外壁塗替 え現場、店舗の改修工事、高層ビルの新築工事、等々、あちらこちらの現場に連れて行かれて、素早く動く 職人さんの手に感心したり、色合わせにじっと見入ったり、時には現場で遊びながら成長し、中学に入る頃には 休みの日に現場で仕事を手伝うようになりました。

そんなふうに、建売住宅新築の現場、駅のホームの鉄骨の塗替え現場、小学校の新築工事、社宅の外壁塗替 え現場、店舗の改修工事、高層ビルの新築工事、等々、あちらこちらの現場に連れて行かれて、素早く動く 職人さんの手に感心したり、色合わせにじっと見入ったり、時には現場で遊びながら成長し、中学に入る頃には 休みの日に現場で仕事を手伝うようになりました。

  • 仕事とは?
  • なぜ仕事をするのか?
  • お客様の要望に応えるとは?
  • 自分が率先して動くこと、リーダーとは?
  • いい仕事をやり続けなければ生き残れないし、
    生き残っていく意味が無い。会社の存続とは?
  • ズルをしてお金が手に入ったとしても、
    それは儲け・利益ではない。お金を頂くとは?
  • いい仕事をして、お客様も自分たちもやってよかったに
    ならない限り仕事をする意味が無い。仕事をする意味とは?
  • 人と人は和。ご縁を大切にして、大きな仕事を成す事。
現場から学べ、すべてから学べ

経営哲学を引き継ぐ

経営哲学を引き継ぐ

今、私たちが仕事をする場を頂けるのも、創業者の思いを引き継ぎながら みんなが良くなることを願って、時代に合わせて毎日工夫と研鑽を積み重ねて いるからだと思っています。その日の現場で最善を尽くすということだけでなく、 片付け・明日の準備をする者、道具・工具・機器の整備調整をする者、倉庫を 使いやすく配置しなおしてくれる者、パソコンの操作を習いながら現場で撮影 した工事写真を整理する者、徹夜仕事を終えてから「職長教育」研修に行く者、 資格取得の勉強をする者、最新の情報にアンテナを張るもの、毎月2回全員 集合の会議・研修、・・・・。3Kと言われる現場で体力気力を使い、目配り気配り にも怠り無く自分の勤めを果たしてくれてからも、みんなが本当に良くやって くれています。


私たち「有限会社 やまなか」が目指すもの

「やって良かった」とすべての人が思える仕事をやります。お互いの心に感謝の気持ちがわいてきて、 「ありがとう」の言葉が出てくるような仕事が理想です。
お客様には、改修・修繕工事の記録を残し「建物のカルテ」として証拠を保存することで、「建物」と言う資産の 価値を維持・向上させるお手伝いをしていきます。近い将来、新築時からの経過年数だけで建物の資産価値を 評価するようなことは無くなるでしょう。いくら手入れをしても評価されない社会から、建物を保持する努力が 報われる社会へと変わります。その時が来れば、しっかり手入れをしてきた建物としなかった建物の資産価値の 差がはっきりと現れてきます。
また、(有)やまなかで働く人については一人一人が資格を取る等知識・技術の向上に励み、人格を磨くことに 日々努め、志を持って仕事をしていく“人財”を育成し、輩出していきます。具体的に塗装工事施工スタッフを 例にとれば、単なる「塗装工」にはとどまらない、職人“道”を極めた“塗装の達人”です。
そういう人財が増えて元気に仕事をしていくことで、会社を変え、業界を変え、社会を変え、より良い世の中が できたら素晴らしい事です。


会社概要

商号 有限会社やまなか
設立日 昭和34年1月1日  山中塗装店
昭和57年4月1日  (有)山中塗装
平成14年5月31日 (有)やまなか
資本金 5,000,000円
取締役社長 山中敏典
所在地 〒173-0031 東京都 板橋区大谷口北町43番3号
電話(代表) 0120-60-5616
ファックス 03-3956-5311
E-mail welcome@yamanaka3tn.co.jp
主な事業内容 リフォーム工事業,塗装・塗替え工事業,防水工事業,
木造住宅耐震補強工事業,太陽光発電&オール電化

塗装・塗り替え・防水・木造住宅耐震補強の事など お見積り・お問い合わせはこちらから TEL:0120-60-5616

屋根・外壁・内窓を節電対策塗装

物件グレードアップ・空部屋対策をしたい大家さんはここをクリックして下さい。

アスペクト対策・カビ対策でお困りの社長・工場長様 ここをクリックして下さい。

アステックペイント / 自然保全ペイント

板橋の塗装店主主のブログ 板橋のぬりこブログ 板橋の塗装店々主のfacebook

外壁塗装、屋根塗装、リフォーム、防水、耐震補強に関するお見積り・お問い合わせはコチラから

有限会社やまなか

〒173-0031
東京都 板橋区大谷口北町43番3号

TEL:0120-60-5616

営業対応地域(東京都)

千代田区 / 中央区 / 港区 / 新宿区 /
文京区 / 台東区 / 墨田区 / 江東区 /
品川区 / 目黒区 / 大田区 /
世田谷区 / 渋谷区 / 中野区 /
杉並区 / 豊島区 / 北区 / 荒川区 /
板橋区 / 練馬区 / 足立区 / 葛飾区 /
江戸川区 / 八王子市 / 立川市 /
武蔵野市 / 三鷹市 / 青梅市 /
府中市 / 昭島市 / 調布市 / 町田市 /
小金井市 / 小平市 / 日野市 /
東村山市 / 国分寺市 / 国立市 /
福生市 / 狛江市 / 東大和市 /
清瀬市 / 東久留米市 / 武蔵村山市 /
多摩市 / 稲城市 / 羽村市 /
あきる野市 / 西東京市 / 瑞穂町 /
日の出町 / 檜原村 / 奥多摩町

千葉・埼玉・神奈川などその他地域も対応しております。
お気軽にご相談ください。


PAGETOP